こちらから続く

大人が丁寧に子どもにかかわる機会は増えています。

それ自体は悪いことではないと思います。ただ、子どもが工夫、試行錯誤するチ機会をを減らしているとしたら注意が必要かもしれません。

「これをしなさい」と与えられることが多い子は、「工夫」「試行錯誤」になれていません。

 アクティブ・ラーニング自分から考え、受身でなく能動的に行動し、他者とも意見交換を多く取り入れるスタイルの学習)は、国際化、多様化する将来を見すえ、自分で目標を立て、試行錯誤しながら、成功も失敗からも成長できる子を育てる方向性あると私はとらえています。

 MIBは、2000年の開業から一貫して、一人ひとり違っている個性(「好き」「得意」)を活かし、「変化、多様を楽しみ」「自律できる」人に子に成長してほしいという志を抱いてきました。MIBでは今後も「アクティブラーニング的学習」も取り入れ、他者との関りも大切にしながら、自分で考え、工夫し、トライ、エラー&トライし続ける子をサポートしたいと考えています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中